相続した土地を不動産売却する流れ

相続が発生すると、亡くなった人の財産はその家族に引き継がれることになります。土地や家屋などの不動産も引き継がれることになりますが、引き継いだした土地をそのまま売却するような場合も少なくありません。このように相続した土地を不動産売却する際の流れとしては、まず亡くなった人の名義の状態では、買主への所有権移転登記を行うことは不可能です。一旦相続人名義に変更することが必要となります。つまり、家を売りたい場合にはまず相続が原因となる所有権移転登記が条件となります。この際、他の相続人の同意(遺産分割協議書への押印)と印鑑証明が必要となります。これらの必要書類を揃えて、法務局にて所有権移転登記を行います。この所有権移転登記を経てから、ようやく買主との契約締結及び再度所有権移転登記が可能となります。このように二段階の手続きとなり、登記手続きの費用も嵩張りますが、この流れで行わない限り売却は不可能です。また、一旦相続人全員の名義に変更(権利分を持ち分として登記する)したうえで、全員が登記義務者となり買主への所有権移転登記手続きを行う方法もあります。ただし、この方法はあまり一般的ではありません。もしも遺言(特に公正証書遺言)が存在しており、その中に不動産を売却して換価し、売却金を分配するといった内容がある場合には、遺言により指定されている遺言執行人が代理人となって全ての所有権登記手続きを行うことになります。

カードローン比較ランキングを頼りに融資先を探すコツ

カードローン比較ランキングは、融資先を探すときに役に立つものです。しかし、このようなランキングを参考にしている人は多いので、上位の金融機関は人気があります。人気があるということは、審査が厳しい傾向があるということです。

カードローンの比較は、金利でされていることが多いことにも注意が必要です。たしかに、たった0.1%でも金利は安いほうがよいです。しかし、銀行カードローンなら、最高金利は14.0%~15.0%とそれほど大きな差はありません。10万円程度のお金を借りるなら、1.0%くらいの金利差ではそれほど大きな差はつきません。それよりも、ATM手数料が無料であるとか、インターネットバンキングで手数料無料で返済ができるとかいったポイントのほうが重要になるでしょう。

もしも300万円、400万円といった高額な融資を受けたいのであれば、たった0.1%でも金利が低いところを選ぶべきです。自分の目的に合った金融機関を選ぶことがポイントです。

また、こういったカードローン審査比較ランキングは、メガバンクや都市銀行、ネット銀行がメインで紹介されています。しかし、地方銀行や信用金庫でも、メガバンクよりも条件の良いカードローンを用意しているところはあります。地方銀行や信用金庫は地域密着型であり、その地域に住んでいないと利用ができないことが多いので、こういったサイトでは紹介されていないことが多いです。自分の住んでいる地域の銀行や信用金庫については一番に調べてみるとよいかもしれません。

カードローンでお金がすぐ必要と思ったときの体験談

まず最初に気付いたのが銀行の対応時間です。平日の15時までに契約をしなければ、すぐに必要なお金借りることができませんので、とにかく電話をしてみました。昼過ぎでしたが対応したオペレーターの方が丁寧で、銀行の時間に契約の締結が間に合わない場合は、自動契約機で即日融資ができるので、もしもの場合はそちらで契約をすることを薦められて安心しました。とにかくその場で必要事項を申告して折り返しの電話を待ちました。身分証明書はスマートフォンからカメラで撮影して提出しました。

すると1時間も経過しないで折り返しの電話が来て、融資が可能と判断されて一安心です。すぐ必要でしたので銀行口座を教えて、お金を用意することができました。新規の場合14時まで契約を終えることができた人に限り、銀行振込ができるようで、それに間に合わせてもらったことがお金を用意できた勝因になるでしょう。銀行の対応時間が平日の15時になりますが、事務手続きの都合上14時がリミットであることを知りませんでしたので、急いで良かったです。

数日後、カードと契約書類が郵送で届けられました。後で知ることになりましたが、店舗のなかに自動契約機があり、それを利用することで銀行の対応時間など関係なくキャッシングできるサービスがあります。お金をすぐ必要としている人は、自動契約機を利用した方が早くなるでしょう。そのことを事前に知っていれば、そんなに急ぐ必要もなかったと感じました。

大手の消費者金融は窓口を設けている

消費者金融を利用するためには、申し込みをしなくてはなりません。そして、申し込み方法として挙げられるのが、電話、インターネット、店頭、無人契約機です。電話や店頭であれば、相手がいるためわからないことがあれば質問することができます。そのため、安心して契約をしたいという人には、こちらを利用したほうが良いです。ただし、インターネットや無人契約機で分からないことがあった場合でも、電話をすることで疑問点は解消できます。消費者金融各社は、電話窓口を設けているため、そこにかけることで疑問点を解消することが可能です。もっとも、インターネット申し込みにしろ無人契約機にしろ、わかりやすいつくりになっているため、これまで消費者金融を利用したことがない初めての人であっても、別段迷うことはないでしょう。
基本的にどのルートで契約したとしても、契約にあたっての審査が変化することはありません。ただし、融資までのスピードは異なってきます。無人機やインターネットの利用、店頭でのやり取りは、すぐに書類を提出することができる仕組みになっているため、審査が終われば即日で借入をすることができます。無人機や店頭ならばカードをその場で受け取り、それをATMですぐに使えます。インターネットの場合は、振り込みや無人機でのカード受け取りをすることで、同様にすぐにお金を借りられます。電話の場合は、書類が後日郵送されてくるため、融資のスピードは遅くなる点には注意しましょう。
関連サイト

レディースキャッシングはどんな時に便利?

レディースキャッシングというのは、女性たちでも、より利用しやすいように様々な工夫をほどこしたローン商品のことです。また、カードローン おすすめとなっています。ただし当然のことながら、通常のキャッシング・サービスも女性でも利用することはもちろん可能です。実際、女性の利用者も結構いるのです。
それなのに、どうしてレディースキャッシングが登場したのかと言いますと、それにはれっきとした理由があるのです。実は今でこそキャッシングは女性でも普通に利用する時代となっていますが、昔はそうではありませんでした。以前は女性のキャッシング利用に関しては、多くの女性たちが「非常にハードルが高い」と感じることが多かったのでした。実際に男性利用者ばかりだったのです。そこでキャッシング会社が知恵を絞って開発した商品が、レディースキャッシングだったというわけなのです。
ですからレディースキャッシングというのは、今日においても、「借り入れには何だか抵抗感がある」とか、「少し敷居が高くて申し込み手続きがやりにくい」などと感じる女性たちにとっては最適なローン商品なのです。もしも抵抗感や敷居の高さを感じる場合は、是非、レディースキャッシングを積極的に検討すると良いでしょう。
実際にレディースキャッシングの窓口や担当者は、皆、女性です。ですから女性が申し込む際も、男性の担当者の時のような圧迫感なども感じないで済むのです。こうした細かな気配りがあるからこそ、働く女性や主婦などのキャッシング利用者も確実に増えているのだと言えるでしょう。