カードローンでお金がすぐ必要と思ったときの体験談

まず最初に気付いたのが銀行の対応時間です。平日の15時までに契約をしなければ、すぐに必要なお金借りることができませんので、とにかく電話をしてみました。昼過ぎでしたが対応したオペレーターの方が丁寧で、銀行の時間に契約の締結が間に合わない場合は、自動契約機で即日融資ができるので、もしもの場合はそちらで契約をすることを薦められて安心しました。とにかくその場で必要事項を申告して折り返しの電話を待ちました。身分証明書はスマートフォンからカメラで撮影して提出しました。

すると1時間も経過しないで折り返しの電話が来て、融資が可能と判断されて一安心です。すぐ必要でしたので銀行口座を教えて、お金を用意することができました。新規の場合14時まで契約を終えることができた人に限り、銀行振込ができるようで、それに間に合わせてもらったことがお金を用意できた勝因になるでしょう。銀行の対応時間が平日の15時になりますが、事務手続きの都合上14時がリミットであることを知りませんでしたので、急いで良かったです。

数日後、カードと契約書類が郵送で届けられました。後で知ることになりましたが、店舗のなかに自動契約機があり、それを利用することで銀行の対応時間など関係なくキャッシングできるサービスがあります。お金をすぐ必要としている人は、自動契約機を利用した方が早くなるでしょう。そのことを事前に知っていれば、そんなに急ぐ必要もなかったと感じました。