相続した土地を不動産売却する流れ

相続が発生すると、亡くなった人の財産はその家族に引き継がれることになります。土地や家屋などの不動産も引き継がれることになりますが、引き継いだした土地をそのまま売却するような場合も少なくありません。このように相続した土地を不動産売却する際の流れとしては、まず亡くなった人の名義の状態では、買主への所有権移転登記を行うことは不可能です。一旦相続人名義に変更することが必要となります。つまり、家を売りたい場合にはまず相続が原因となる所有権移転登記が条件となります。この際、他の相続人の同意(遺産分割協議書への押印)と印鑑証明が必要となります。これらの必要書類を揃えて、法務局にて所有権移転登記を行います。この所有権移転登記を経てから、ようやく買主との契約締結及び再度所有権移転登記が可能となります。このように二段階の手続きとなり、登記手続きの費用も嵩張りますが、この流れで行わない限り売却は不可能です。また、一旦相続人全員の名義に変更(権利分を持ち分として登記する)したうえで、全員が登記義務者となり買主への所有権移転登記手続きを行う方法もあります。ただし、この方法はあまり一般的ではありません。もしも遺言(特に公正証書遺言)が存在しており、その中に不動産を売却して換価し、売却金を分配するといった内容がある場合には、遺言により指定されている遺言執行人が代理人となって全ての所有権登記手続きを行うことになります。